2008年09月06日

細菌性膿皮症の経過。

めいの皮膚病が良くなりません・・・。

7月の初めに首周りにぽつっと赤い湿疹ができ、お腹に移っていきました。
痒みがありました。
7月半ばに病院へ行き、診断は「細菌性膿皮症」ということでした。
その時には、薬用シャンプー(ノルバサン)とゲンタシン軟膏で治療でした。
経過は悪くなる一方でさらにお腹全体から背中へ部位が広がっていきました。

めいのヒートが始まり私自身の判断で、薬用シャンプーは使用を止め、軟膏だけで対処していました。

ヒートが終わったので、9月1日に再診してもらいました。
ノルバサンで感染が広がったかも?旨を説明したところ、抗生物質(セファレキシン)を1週間服用して再度診断ということになりました。
ゲンタシン軟膏は、使わなくても良いとか・・・。(細菌が溜まりやすいとか・・・?)
じゃなんで最初にそういってくれないの?
ちなみに真菌症ではないという診断なので検査はしていません。


現在の状況。
お腹部分はだいぶ良くなったのですが、背中部が最悪です。
脱毛はありません。
治療しやすいように私が鋏で毛をカットしました。
発症部位は左右対称ではありません。




P1010905.JPGP1010906.JPGP1010902.JPG


今、自分自身ももっと勉強して何とか治してあげたいので、
「犬における皮膚疾患コミュニティ」などで勉強してます。

問題は何故細菌性膿皮症を発症させてしまったかということです・・・。
多分、フルになったコートの管理のために頻繁なシャンプーを行ったことにより、皮膚の健全なバリアを崩壊してしまったのが原因かもしれません。
スキンケアの重要さを痛感しています。
こんな風にめいに病気を発症させてしまって、飼い主として失格かもしれません・・・。


めいの毛を更にカットしました。
幸い顔の部分には膿皮症はないけどバランスから更にカットしてみました。

P1010914.JPGP1010912.JPG

フルコートの面影はどこにも無くなってしまったです・・。もうやだ〜(悲しい顔)

ニックネーム めい父 at 18:22| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
原因がはっきりしない、治療方針もあいまい。。。
めい父さんのスッキリしないお気持ちよくわかります。
セカンドオピニオンは??

フルコートのめいちゃんも堪能しましたし
今は膿皮症を治してあげることが先決ですね!
ペットカットのめいたんもとても可愛いですよ!
Posted by シャロンママ at 2008年09月06日 19:36
>シャロンママさん
コメントありがとう〜。
こんな病気にしちゃった私の責任です。
今回はほんとスキンケアの大事さを思い知らされました。
とにかく早く治すことに専念します。
それからアイスくんのことは驚きました。
シャロンママさん、気を落とさないでね・・・。
Posted by めい父 at 2008年09月06日 21:56
めい父さん大丈夫?
あまり考えこまないでね。
ただでさえフルにするのはとても大変なことなのに
めい父さんは見事にめいちゃんをフルコートにしたじゃない
いつもすごいなぁって関心してました。

今はめいちゃんの治療が一番だからめい父さんが落ち込んでたら
ダメですよ〜
わん太一家めいちゃんが一日も早く治るように応援してるから
めいちゃん、めい父さん、頑張ってねわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)犬(笑)犬(笑)

Posted by わん太ママ at 2008年09月07日 00:22
初めまして。

めいちゃんのブログは時折り拝見させていただいていました。「綺麗にコートを維持しているなぁ〜」と感心しながら見ていたんですよ。

我が家にもヨーキーがおりますが、現在トイプードルが細菌性の膿皮症の治療中です。

抗生物質は我が家でも同様にセファレキシンの投与をしていますが、抗生物質は長期に渡る投与が必要だと聞いております。
我が家の場合は3週間をめどに・・・ で、現在2週間を経過したところです。


「耐性菌」の問題もありますので、薬は一日の中で必ず定時に投与しなければいけないそうです。薬が切れている時間があると細菌が抗生物質に対する耐性をもってしまうかもしれませんからね。一度耐性をもってしまった細菌には他の抗生物質も効かなくなってしまうこともあるそうです。

また、一度治ったと思っても抗生物質の投与を止めた途端にぶり返すこともあるそうです。めいちゃんのパパも色々と調べておられるようですから恐らくご存知ではあると思います。

我が家の子も今は症状が良くなって回復傾向にあります。めいちゃん、早く良くなると良いですね。またフルコートのめいちゃんを見たいです。
Posted by ミントパパ at 2008年09月08日 04:49
すいません、ちょっとコメント長くなりますがよろしいでしょうか?

我が家でも最初はノルバサンでシャンプーしていましたが、シャンプー後の状態がほとんど良くならないのでやめました。
皮膚も被毛の状態も対して変化がありません。

同じ殺菌性のシャンプーなら「ヨードシャンプー」のほうが良いかもしれませんよ。ノルバサンでは被毛がギシギシして櫛通りが悪いですが、ヨードなら比較的被毛にも優しかったです。ひょっとしたら殺菌力もノルバサンより上かもしれません。

また、皮膚に潤いを与えて状態を改善するのに「アデルミルシャンプー」も良かったです。こちらは殺菌性のものではなく「保湿性」のシャンプーといったほうが良いかもです。アデルミルを販売している「ビルバック社」では他にも色んなシャンプーを扱っています。
動物病院でサンプルを貰えたら試してみてはいかがでしょうか? 私もサンプル品で試して良かったので、後から購入したくらいです。

ちなみに、我が家の子が膿皮症を発症したのは湿度に原因があると思います。昨年の冬からちょっとおかしかったのですが、あとから考えると加湿器で以上なほど湿度を上げていたのが理由のひとつだったかも・・・
高温多湿の日本の夏は濃皮症の発症が多いらしいです。

めいちゃん、パパさん大変でしょうが、焦らずじっくり治してくださいね。まためいちゃんのフルコートが見られる日を楽しみにしております。

コメント長くなりましたが、何か参考になることでもあれば幸いに存じます。それではまた・・・
Posted by ミントパパ at 2008年09月08日 05:02
めいたん大変ですね。
見るととても痒そうなんだけど痒がったりはないのかしら。

皮膚に関してはどうしてもいろんな要因で長引いてしまうようですね。

めい父さんのことだから色々勉強していることと思います。
でもわん太ママもいってますがあまり考え込まずに気長に頑張ってくださいね。
めい父さんが落ち込むときっとめいたんも辛いですよ。
早く治るよう私も応援しています。
Posted by Rie at 2008年09月08日 07:17
>わん太ママさん
励ましのお言葉ありがとうございます。
めいのフルコートは私の自己満足で、めいにとっては苦痛だったかもしれません・・・。
お手入れに時間がかかり、暑苦しいしでめいはすっきりとしたお顔してます。顔(汗)
めいのために頑張って治療したいと思ってます。

>ミントパパさん
はじめましてです。
大変貴重でご親切なアドバイスをありがとうございます。
ミントパパさんところのトイプーちゃんも同じ膿皮症の治療をされているのですね。
ノルバサンはめいも合わなかったようです。逆に症状が酷くなったように感じました。
ビルバック社の「アデルミルシャンプー」とっても気になります。
後でネットで調べてみたいとお思います。
今、シャンプーで気になるのはこのテルメディックシャンプーです。
http://www.natural-dog-life.com/shampoo.html
洗浄成分として界面活性剤が全く含まれていないシャンプーです。
それと、一番使ってみたいのは、このしゃんぷーです。でも動物病院限定販売なので・・・。http://www.infinipro.jp/shopdetail/029001000040/order/

今回、めいの皮膚病発症では、ショックでしたが、多くの方々が同じように皮膚病で悩んでいらっしゃるのを知って、色々とアドバイスをいただけて、心強かったです。

ミントパパさん、これからもよろしくお願いいたします。

>Rieさん
励ましのお言葉、ありがとうございます。
ビビちゃんもアトピーで大変だと思います。
アトピーもスキンケアが一番大事なようですね。
上に書いた、N’sdriveスキンシャンプーとスキンバリアはアトピー犬のスキンケアにはとても効果があるようです。
Posted by めい父 at 2008年09月08日 22:34

この記事へのトラックバック